PHILOSOPHER'S PHOTOS

チカ:ドキュメンタリーパフォーマンス

フェスティバルサリハラ主催 10月16日−17日、20時    ドキュメンタリー写真、インタビュー、記録ビデオ、オリジナル音楽、舞踏により構成された多層アート作品。ジャーナリズムと舞台芸術のハイブリッドアートです。ライブ音楽やダンス、ナレーションを組み入れ、スライドや映像を映し、コンテンポラリーな手法で、実在人物、本多千 香の物語が展開されていきます。 『チカ』の主役である本田千香さんは実在の人物です。彼女は1992年にヘロインの所持と密輸入未遂罪で逮捕された5人の日本人観光客の中の1人です。自分の無実を訴え続けたにもかかわらず、メルボルンの刑務所で10年半服役し、2002年11月に仮釈放され、強制送還となりました. アーチスト:金森マユ、マルコム・ブレイロック、うみうまれゆみ、トム・フィッツジェラルド、小田村さつき、キース・タッカー、アン・ノーマン、坂本敏範   会場:Teater Salihara,  Komunitas Salihara Jl.Salihara No.16 Pasar Minggu, Jakarta Selatan 12520 Indonesia 予約: http://salihara.org/en/event/2012/08/09/festival-salihara-2012 詳しい情報:  http://chika.asia ビデオはこちら: CHIKA: A Documentary Performance on vimeo   『チカ』ジャカルタ公演は沢山の方々のご支援により実現いたしました。皆様、ご協力ありがとうございました。 Akiko Hiratsuka Linda Luke Ako Ganivet Lorna Kaino Ann MacArthur Mary-Jane Field Anne Grantham Matt Rooke Anne Norman Merlinda Bobbis Annette Shun Wah Michael Amendolia Anonymous Miho Watanabe Anonymous Moshe Rosenzveig Anonymous Noriko Tadano Anonymous Olivia Khoo Anonymous Pamela Jones-Morton Anonymous Peter Fraser Anonymous Peter Walkden-Brown Anonymous Ren Yano Anonymous Ronald Dirkse Ben Hills Russell Emerson Christine Piper Ryoko Adachi Dhondup Tsering Ryuichi Fujimura Dik Mayhew Sachiko Hirayama Dwight Dowda Sala Sawada Emi Otsuji Sarah, Vic & Holly McEwan Festival Salihara […]

ジャパニーズ・ ナラティブ

ジャパニーズ・ ナラティブ パネリスト 田村恵子, 永田由利子, ローナ・カイノ、金森マユ  Chair: テッサ・モリス=スズキ 8th Biennial International Auto/Biography Association (IABA) Conference 『Framing Lives』 7月17日−20日 2012年, Canberra, Australia 金森マユ最新舞台作品 Murakami を一部紹介 音楽 Vic McEwan   オーストラリア国立大学 Coombs Extension セミナールーム 1.13 7月20日金曜日2時

ピエタ

和歌ちゃんとたっちゃんのところに詩穂子ちゃんが産まれました。 ダンサーの浅野和歌子と私はマルチアートプロジェクト『イン・リポーズ』で4年間コラボを続けていました。一緒にタウンズビル、ブルーム、木曜島等、オーストラリア各地にある日本人墓地でサイトスペシフィックパフォーマンスを創っていたアーチスト仲間です。 『イン・リポーズ』をはじめたばかりのころ和歌ちゃんは人間の死、そして土に帰ることについて考える私達のプロジェクトは人間として子供を産むための一つの大切なプロセスだと言っていました。 しかし一緒に仕事を共にした4年間、努力したにも関わらず彼女は子供を授かりませんでした。4年の月日が経ち、私達が『イン・リポーズ』の最後のパフォーマンスをアデレードのオズアジアフェスティバルで終えた直ぐあとに和歌ちゃんとたっちゃんは詩穂子ちゃんを授かったのです。       木曜島でのイン・リポーズの様子はここからご覧ください。 金森マユ  

鎮魂

鎮魂 映像・金森マユ、 作曲・マーク・アイザックス、演奏・小田村さつき @video room, Brunswick Street Gallery オープニング12月2日6:30pm 展示12月3日ー15日、火曜日ー日曜日10時ー10時 作品はこちらからでもご覧になれます:鎮魂   金森マユ        

オーストラリア日系人の収容

カウラの日本人墓地はカウラ戦争捕虜収容所で起きた日本兵の脱走事件で亡くなった日本兵が眠っていることで知られていますが、そこに眠る人達の3割は太平洋戦争中にオーストラリア各地やインドネシア、ニューカレドニア、バヌアツ等から強制収容された日系人や日本人移民だということはあまり知られていません。 アメリカやカナダと違いオーストラリアではその後の政府からの謝罪や賠償などなく、また戦時中の日本人移民や日系人に関するアートや文化作品もありません。クイーンズランド大学の永田由利子先生が書かれた『オーストラリア日系人強制収容の記錄』が唯一の本です。永田先生が収容されていた方達に聞き取りを調査を行なってくださったおかげで私達に貴重な資料が残されています。 現在の私のプロジェクトはカウラの日本人墓地に眠る写真家村上安吉さんに関してです。 村上さんとの対話プロジェクトブログはここです。 金森マユ