PHILOSOPHER'S PHOTOS

キャンベラジャパンクラブ・トーク

CJCトーク 2月27日(土)オーストラリアの日本人と日系人:アートで繋ぐ過去と現在 講師: 金森マユ 写真家、映像作家、演劇脚本家 14:30~15:30 今回のトークでは現代のオーストラリアにおける日系人や日本人移民の今後の課題や社会的責任を、金森マユが手がけている作品の意味合いやエピソードなどをまじえて、参加者の皆さんとともに考えてみたいと思います。 参加費は会員は無料、非会員は5ドル。 会場:グリフィンセンター(Griffin Centre)2階7号室です (20 Genge Street CIVIC, Dendy 映画館の近くです) 参加希望の方は info@canberrajapanclub.org.au

YASUKICHI MURAKAMI – THROUGH A DISTANT LENS

シドニー再公演 3月16−19日 多くの写真が行き交う今だからこそ、大切な写真を探してみたい                    1887年、和歌山県からオーストラリアに渡った村上安吉はブルーム、そしてダーウィンにて写真家として暮らしていました。太平洋戦争が始まるとともに、敵国民として収容され、1944年に収容所で亡くなり、現在はカウラの日本人戦争墓地に眠っています。 毎日何百万もの写真が行き交うデジタル時代。消えてしまった 村上氏の写真は20世紀初頭のブルーム、ダーウィンの貴重な記録であり、その喪失は歴史の空白が浮き彫りになるアナログ時代の写真家と現代の写真家の対話作品です。愛と未来を求める過去への探求をテーマにした写真、ビデオ、ナレーション、ライブミュージックのマルチメディアな舞台演劇です。 3月16日(水)19:30 3月17日(木)12時(Q&A含む)&19:30 3月18日(金)19:30 3月19日(土)14:30&19:30 Lennox Theatre, Riverside Theatres Corner Church and Market Streets Parramatta NSW チケットはここから クリエーター・脚本  金森マユ 演出 マルコム・ブレイロック 音楽・サウンドデザイン 鳴嶋輝美 ドラマターグ ジェーン・ボーディー 映像デザイン  ミック・グルーチー 照明  ベンジャミン・ブロックマン ドラマターグ・コンサルタント 曽根雄次 出演 由良亜梨沙  橋本邦彦 特別ビデオ出演 うみうまれゆみ 制作 アネット・シァンワー  Performance 4a  

アートと社会への責任

金森マユ、パネルセッション 『クリエイティブポリティックス、政治的クリエーション』 Asian Australian Research Network (AASRN) conference ‘mobilities’ (AAI 5). 2015年11月26.27日、メルボルンイミグレーションミュージアム  原文:  Art, advocacy, and accountability: Yasukichi Murakami Through a Distant Lens 

AWASE MISO『合わせ味噌』@Canowindra

Rosnay Organic ロズネイ・オーガニック主催 即興パフォーマンス、AWASE MISO『合わせ味噌』 アーチスト:鳴嶋輝美 ・由良亜利沙・金森マユ・アレックスソルター  日付: 2015年10月10日 (土) 時間: 18:30 会場: All Saints’ Anglican 教会, Belmore St, Canowindra 当日券: $25 ; 学生 $15 前売り券: $20 ; 学生 $15 チケット購入: http://bit.ly/1gvWla6 詳しい内容: http://bit.ly/1IGXl1S

Blurring Boundaries 境界が霞む今

Blurring Boundaries 境界が霞む今 ー 社会歴史におけるアーチストの役割、責任と倫理 2015年西オーストラリア大学IASアーチストレジデンス金森マユ公開レクチャー 日付: 2015年9月29日 時間: 18時から 会場: Fox Lecture Theatre, Arts Building UWA 西オーストラリア大学 詳しい内容及びご予約は: http://www.ias.uwa.edu.au/lectures/kanamori