カウラボイセズ とカウラ日本人戦争墓地データベース

日豪の平和、友好の象徴地であるカウラの口述記録を含むアプリ、カウラボイセズ、及びカウラ日本人墓地のデータベースは2016から2019に渡る3年間に日系オーストラリアの一部のメンバーのみなさんと制作した共同作品です。

カウラボイセズ Cowra Voices

 

カウラボイセス(Cowra Voices)は、グーグルマップの地理位置情報機能を利用し、オーストラリアのカウラ市と日本に関係する様々なストーリーを紹介するアプリです。2019年8月3日、カウラシビックセンターにて、ビル・ウェストカウラ市長によりカウラ脱走75周年記念プログラムの一環として完成発表されました。

カウラボイセスをダウンロードすることにより、日本との平和と友好にまつわるカウラのユニークな歴史を理解し、カウラ市にあるそれぞれの場所の歴史的重要性を、カウラ市民の語りや歴史的写真を通して 体験できます。

太平洋戦争中に起こったカウラ脱走事件で 4名のオーストラリア兵と234名の日本人捕虜が死亡し、悲劇的な結果をもたらしましたが、その後に、カウラ市は日本との和解を草の根レベルで働きかけたことで知られるようになりました。実際、カウラはオーストラリア国内で数少ない平和ツーリズムの目的地です。世界平和の鐘、日本人戦争墓地、日本庭園は、市民による平和の構築と、日本の人々との長年の友情の象徴です。

カウラボイセスは語りを使い、重要な10の地点と人々や歴史を繋げます。カウラ日本人戦争墓地に眠る人たちのストーリーを聴くことで、歴史をより深く理解することもできます。今まで知られていない、また、認められていなかったカウラと日本の平和友好に関する数々のストーリーに焦点をあてています。

カウラボイセスは、Nikkei Australiaの会員が、カウラ市とカウラ観光協会、Arts OutWest、東海大学国際文化学部デザイン文化学科の学生たちの協力を得て作成しました。スタジオ録音はABC Central Westの支援を受け、アプリ開発はSazae Pty Ltd.が担当しました。

参加メンバーは:
Jacqueline Schultze
Masako Fukui
Chie Muraoka
Mayu Kanamori

カウラボイセスは次のサイトより無料ダウンロードできます:cowravoices.org

カウラボイセスは多くの団体と組織から援助をいただきました:オーストラリア政府外務貿易省内豪日交流基金、カウラ市、Bruce and Margaret Weir Trust、The Nancy Shelley Bequest Fund (Quakers Australia)、国際交流基金(シドニー支部)、カウラブレークアウト協会

アプリダウンロードは: cowravoices.org

詳細は: https://cowravoices.wordpress.com/

カウラ日本人戦争墓地データベース Cowra Japanese War Cemetery Online Database

カウラ日本人戦争墓地データベースは、在豪日本大使館による外務省委託事業として、2016年4月から2019年3月の3年間にわたってプロジェクトチームが作業をし、2019年に順次公開しました。

オーストラリアのニューサウスウェールズ州カウラ市にある日本人戦争墓地には、524基の墓があります。本データベースはそこに埋葬されている人々についてのデータベースです。墓地に埋葬されているのは、太平洋戦争中にオーストラリア国内で死亡した日本人戦争捕虜と日本人民間人抑留者たちです。台湾出身者25名と朝鮮半島出身者1名が含まれます。彼らが日本人と一緒に埋葬されたのは、台湾と朝鮮半島がこの当時日本の統治下にあったためです。埋葬者のデータは、氏名、出身地、職業および軍隊階級や所属などに加えて、拘束理由、拘束時期、拘束場所の情報と共に、拘束後の移動歴と死因や埋葬歴に関してのデータも含まれます。

カウラ日本人墓地データベースプロジェクトチームメンバー:
田村恵子(代表者) オーストラリア国立大学
永田由利子 クイーンズランド大学
金森マユ フォトグラファー
村岡稚恵 ウェブ・デベロッパー
小林衡明  IT コンサルタント

データベースはこちらから:https://www.cowrajapanesecemetery.org/jp/

 

 

This post is also available in: English (英語)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。