PHILOSOPHER'S PHOTOS

YASUKICHI MURAKAMI – THROUGH A DISTANT LENS

シドニー再公演 3月16−19日 多くの写真が行き交う今だからこそ、大切な写真を探してみたい                    1887年、和歌山県からオーストラリアに渡った村上安吉はブルーム、そしてダーウィンにて写真家として暮らしていました。太平洋戦争が始まるとともに、敵国民として収容され、1944年に収容所で亡くなり、現在はカウラの日本人戦争墓地に眠っています。 毎日何百万もの写真が行き交うデジタル時代。消えてしまった 村上氏の写真は20世紀初頭のブルーム、ダーウィンの貴重な記録であり、その喪失は歴史の空白が浮き彫りになるアナログ時代の写真家と現代の写真家の対話作品です。愛と未来を求める過去への探求をテーマにした写真、ビデオ、ナレーション、ライブミュージックのマルチメディアな舞台演劇です。 3月16日(水)19:30 3月17日(木)12時(Q&A含む)&19:30 3月18日(金)19:30 3月19日(土)14:30&19:30 Lennox Theatre, Riverside Theatres Corner Church and Market Streets Parramatta NSW チケットはここから クリエーター・脚本  金森マユ 演出 マルコム・ブレイロック 音楽・サウンドデザイン 鳴嶋輝美 ドラマターグ ジェーン・ボーディー 映像デザイン  ミック・グルーチー 照明  ベンジャミン・ブロックマン ドラマターグ・コンサルタント 曽根雄次 出演 由良亜梨沙  橋本邦彦 特別ビデオ出演 うみうまれゆみ 制作 アネット・シァンワー  Performance 4a  

アートと社会への責任

金森マユ、パネルセッション 『クリエイティブポリティックス、政治的クリエーション』 Asian Australian Research Network (AASRN) conference ‘mobilities’ (AAI 5). 2015年11月26.27日、メルボルンイミグレーションミュージアム  原文:  Art, advocacy, and accountability: Yasukichi Murakami Through a Distant Lens 

Carnival of Bold – 社会を変えるアーチスト達

社会変化に挑む7人のアーチスト達 先住民族の権利、セクシュアリティ、ジェンダーの平等、多様文化、フェミニズム、 若者、疎外されたコミュニティ等。 刺激とチャレンジするアーチスト達を紹介 Museum of Contemporary Art (MCA), Sydney Saturday, 6th June 2015、3pm – 5pm 詳しい内容は: http://www.vividsydney.com/speaker/mayu-kanamori チケットは:http://coalitionofmischief.com/carnivalofthebold/tickets/ 金森マユ: Japanese-Australian Storyteller Candy Bowers & : Hip Hop Artist / Writer Luka Lesson: Spoken Word Artist Rani Pramesti: Indonesian-Australian Performance Maker Fadia Abboud: Arab-Australian Filmmaker Poetribe (Yilinhi – Lorna Munro): Indigenous Spoken Word Performer Kim ‘Busty Beatz’ Bowers: Performer

Born in the Year of the Horse (午年)

シドニー市主催の2014年チャイニーズ・ニューイヤー特別企画『クロッシング・バウンダリーズ;オーストラリアのアジアン現代アーチスト』の一環として、中国、日本、韓国、インドネシア系アーチスト、Maylei Hunt, Yoshiko Ito, Jayanto Damanik, Yiwon Park ,Miranda Zhaoとのコラボレーションにて創られた金森マユのビデオ・インスタレーション、BORN IN THE YEAR OF THE HORSEは人種ステレオタイプを探求した作品です。 ポジティブな人種ステレオタイプはそれらの人種が自ら語り続け、深い意味での人間同士の理解を妨げるようです。また、ネガティブなステレオタイプは人種差別へと繋がります。 『午年の女性は、、、 』等、 生まれた年による性格判断などが行なわれます。これも一つのステレオタイプ。BORN IN THE YEAR OF THE HORSEは人間が生まれたその状況によって判断されるステレオタイプを通し、 オーストラリア内での一定のダイアスポラに関しての固定観念への疑問を投げかける作品です。 ステレオタイプを題材としたアート・コラボレーションを通し、日本、中国、韓国等に最近多く伺える人種差別への移民の国オーストラリアからのメーッセージでもあります。                           会場:シドニー市役所 483ジョージストリート、シドニー 日程: 2014年1月22日から2月9日まで 12 〜20:00の毎日( 1月22日を除き、それは午後5時までの場合) シドニー市のブログはここをクリック

A Night of Wonder

At the Coleambally SunRice Mill サンライス社コリアンブリー精米工場にて Saturday 21 Sept 2013 6PM 9月21日(土)6時〜 音楽、インスタレーション、写真、ビデオ、パフォーマンス アーチスト・ウィック・マキゥワン、岩井成昭、金森マユ、地元の人々とコラボレーション RealTime Arts レビュー:http://bit.ly/1aesNGy   This project has been assisted by the Australian Government through the Australia Council, its arts funding and advisory body.